会社案内

MACOMA へのお問い合わせは 「お問い合わせ」 をご覧ください。

 

 

会社概要

商号 マコマ株式会社
住所 (本社) 東京都品川区東五反田5丁目19番19号
  (工場) 茨城県常総市大生郷町字中丸6140-6
  日本健康食品規格協会(JIHFS)健康食品GMP取得(認定番号 製-0003)
設立年月日 昭和37年9月3日
資本金 1,200万円
従業員 40名
取扱品目 製造品目:各種健康食品、化粧品、洗剤、凍結防止剤、防塵剤
輸入品目:各種食品原料、化粧品、洗剤、栄養補助食品、雑貨
輸出品目:各種健康食品、化粧品、電子機器部品他
輸出先 台湾
事業内容 健康食品、化粧品、洗剤等の自社製品の製造販売
健康食品、化粧品、洗剤等の受託製造販売
凍結防止剤、防塵剤を官公庁、学校法人に製造販売
取引銀行 三井住友銀行 五反田支店
みずほ銀行   広尾支店
東京三菱銀行 目黒支店
会員 日本健康食品規格協会(JIHFS)
東京化粧品工業会

 

社歴

昭和23年 増山貿易株式会社設立
昭和35年 ビー・シー・マーカンタイル有限会社設立
昭和37年 電子・雑貨の輸出専門部門を同社から分離し、マコマ株式会社を設立
昭和43年 海外企業と取引を開始
  カナダRCA、ゼネラルエレクトリック(GE)、ウェステイングハウス、フィルコフオード等の大企業と取引を開始、日本企業の買付け機関となる
昭和45年 米国ベル アンド ハウエル社日本製品購買代理業者に指定される
    米国ベル アンド ハウエル社の日本製品購買代理業者に指定され主としてテープレコーダー、マルチタイプ・ステレオコンポーネント、ヘッドホン、各種電器部品を輸出
昭和47年 国内販売部門を開設
    国内販売部門を開設し、米国製洗剤の輸入販売および栄養補助食品「豆元」の国内販売を開始
昭和49年 米国グウェン コスメティック社と契約
    米国製「グウェン テーラー化粧品」の極東総発売元として米国グウェン コスメティック社と契約、国内販売を開始、同時に健康食品の自社開発を進める
昭和52年 熊本出張所を開設
昭和53年 港区芝公園のメソニックビルより、現在地に完成した本社ビルに移転
    横浜市に自社工場を新設、従来下請企業に生産を依頼していた「豆元」の品質向上を図るため、発明者勝部哲男顧問の指導の下に横浜工場において生産を開始
昭和55年 本社に化粧品工場を新設
    化粧品製造業の許可(昭和55年8月1日付東化第5509号)を受け、本社に化粧品工場を新設
昭和59年 函館市に製造工場を建設
    米国からの導入技術により、函館市に凍結防止剤「スノーナイス」防塵剤「ダストナイス」製造工場を建設、8月操業開始
昭和60年 台湾に豆元シリーズの輸出を開始
昭和62年 茨城県水海道市に新工場建設を決定
    茨城県水海道市に、横浜工場および函館工場を統合した新工場の建設を決定し、9月29日地鎮祭を挙行
昭和63年 「グエンテーラー化粧品」のライセンス権を得て、国内製造を開始
    茨城工場を落成、健康食品、化粧品、防塵剤、その他の生産を1か所に集約して稼動
平成4年 「豆元」発売20周年記念ハワイ研修旅行を実施
  「豆元」発売20周年記念全国研修会開催
    「豆元」発売20周年記念全国研修会を『新高輪プリンスホテル』にて、三石巌先生、矢沢良一博士等をお迎えして開催
  40種類以上の植物エキスを主原料とする「G豆元」を製造および販売を開始
平成5年 台湾における独占販売契約を締結
    マコマ製品の台湾における独占販売契約を甘記医薬有限公司(現、淯騰股有限公司)と締結す
平成17年 茨城工場の衛生度、生産管理、効率性を上げるため大幅な改築工事を行う
  日本健康食品企画協会(JIHFS) 健康食品GMP を取得
平成18年 栄養補助食品「プロテインカカオ」製造及び販売開始
平成21年 日本健康食品規格協会(JIHFS) 健康食品GMP を更新

 

 

 

関連リンク

   日本健康食品規格協会 http://www.jihfs.jp/

 

   日本化粧品工業連合会 http://www.jcia.org/

 

   厚生労働省  http://www.mhlw.go.jp/

 

   食品業界情報発信サイト「フーズゲート」 https://foodsgate.jp/